So-net無料ブログ作成
検索選択
前の7件 | -

Paul Shortino - 22th Jun, 2017@Tokyo [Paul Shortino]

Paul Shortino - 22th Jun, 2017@Tokyo

89@中野サンプラザ以来の Paul Shortino 単独公演を観てきました! ラスベガスで Rock Vault という1960年代から1980年代の曲を色々なミュージシャンとプレイするショウを定期的に行っていることもあり、声も昔より良い意味でブルージ―でソウルフルに感じ、80年代に活躍したヴォーカリストで、今これだけ歌える人は数少ない中の1人だと思います。Rough Cutt の曲も見事に歌いこなしており、本当に上手いと思いました。ライブでも愛と感謝を常に思い、途中MCで結構シリアスな話をし、英語が分からないんで合ってるかどうかわは分からないけど、世の中には恵まれてい人が沢山いて、今こうしてライブを見ているファンや、ライブを行えることは幸せなことみたいな話をし、愛の力で世界を変えていきたいと話し、ある意味人生に悟りを開いたかのように思え、自分も含め日本人は恵まれていると実感しました。ファンミーティングでも50人以上のファンに1人1人写真とサインをポジティブにスマイルで対応している Paul は本当に人間的にも素晴らし人だと思いました。

ライブも多分22曲演奏し、公開されたセットリストに数曲追加し曲順も多少入れ替えたりとアコースティックの3曲 "Run To You (Acoustic)" - Quiet Riot, "Too Many Nights (Acoustic)" - Shortino, "Everybody Can Fly (Acoustic)" - Paul Shortino / J.K. Northrup が本当に素晴らしかったです。今回は Rough Cutt の曲が中心だったので、次回は QR 以降の曲でセットリストを組んで観ることが出来ることを切に願います。QR, Badd Boyz, It's About Time, Stand Or Fall, Sacred Place, Afterlife と、このアルバムだけでも Paul の声に合っている良い曲が沢山あるし、是非とも将来的に観ることが出来たら最高です。欲を言えばバンドメンバーも QR のメンバーに Mitch Perry をプラスしたら個人的に最強だと思います。今回、バックバンドを務めた日本人プレーヤーにも感謝です。でも、個人的な思いとしては、Paul Shortino は一流のヴォーカリストだと思うし、可能であればバックも QR のメンバーに Mitch Perry で、ラウドパークなどもっと大きな会場でプレイして、これだけ素晴らしいヴォーカリストがいることを皆に知って欲しいと切に願います。

IMG_2197.JPGIMG_2164.JPGIMG_2162.JPG

共通テーマ:音楽

Paul Shortino ファンミーティング [Paul Shortino]

IMG_2145.JPG
Paul Shortino 特別企画:ファンミーティング 何とか間に合い行けました! まさか、QR の名バラードで大好きな曲 "Run To You" を聴くことが出来るとは嬉しかった。Paul は明るく陽気で愛と感謝を常に忘れずにと話していて、人間的にも尊敬できる人です。89年のQR@中野サンプラザで観た以来のPaul Shortino でした。

ファンミーティングは至れり尽くせりで、写真とサインまでOKで、本当に素晴らしい時間でした。サインは1人1つということで、選びに選んで写真の Afterlife を持参しサインして頂きました! "Like A Stone", "Gypsy Soul", "Slave" がお気に入りと話したところ Like A Stone ~と口ずさんでくれた! 隣にいたwakaiさんが Afterlife を持ってきたのは初だと話されプレミアついてると。逆に、Afterlife を持ってくる人はいないと思ったからあえて持っていたし、大好きな曲が収録されているからでもあります。
IMG_2148.JPG
PAULSHORTINO は大好きなヴォーカリストの1人で、どれだけ好きかはMy CD コレクションを見て頂ければ分かるかとも。出来れば全部にサインして欲しい!!! でも、内2枚はサイン入り!!!
IMG_2147.JPGIMG_2149.JPGIMG_2150.JPGIMG_2151.JPG

共通テーマ:音楽

American Dream [RIVERDOGS]

Riverdogs - "American Dream" (Official Video)



"CALIFORNIA" Tracklisting:
1. American Dream
2. The Revolution Starts Tonight
3. Something Inside
4. Golden Glow
5. You're Too Rock And Roll
6. The Heart Is A Mindless Bird
7. Searching For A Signal
8. Welcome To The New Disaster
9. Ten Thousand Reasons
10. Catalina
11. I Don't Know Anything

18056777_1306259792763179_3837627556360868679_n_500.jpg

RIVERDOGS :
Rob Lamothe : Vocals, guitar
Vivian Campbell : Guitars, vocals
Nick Brophy : Bass, keys, vocals
Marc Danzeisen : Drums, vocals

Riverdogs "California" EPK (Official)



18010769_1305381442851014_4929613447876369916_n_500.jpg

www.riverdogsmusic.com
https://www.facebook.com/Riverdogs-167501139972389/

日本盤先行6/23リリース!!!
http://wardrecords.com/SHOP/GQCS90368.html



共通テーマ:音楽

Something Inside [RIVERDOGS]

RIVERDOGS - "Something Inside" (Official Audio)



"CALIFORNIA" Tracklisting:
1. American Dream
2. The Revolution Starts Tonight
3. Something Inside
4. Golden Glow
5. You're Too Rock And Roll
6. The Heart Is A Mindless Bird
7. Searching For A Signal
8. Welcome To The New Disaster
9. Ten Thousand Reasons
10. Catalina
11. I Don't Know Anything

18056777_1306259792763179_3837627556360868679_n_500.jpg

RIVERDOGS :
Rob Lamothe : Vocals, guitar
Vivian Campbell : Guitars, vocals
Nick Brophy : Bass, keys, vocals
Marc Danzeisen : Drums, vocals

Riverdogs "California" EPK (Official)



18010769_1305381442851014_4929613447876369916_n_500.jpg

www.riverdogsmusic.com
https://www.facebook.com/Riverdogs-167501139972389/

日本盤先行6/23リリース!!!
http://wardrecords.com/SHOP/GQCS90368.html



共通テーマ:音楽

Welcome To The New Disaster [RIVERDOGS]

RIVERDOGS - "Welcome To The New Disaster" (Official Audio)



"CALIFORNIA" Tracklisting:
1. American Dream
2. The Revolution Starts Tonight
3. Something Inside
4. Golden Glow
5. You're Too Rock And Roll
6. The Heart Is A Mindless Bird
7. Searching For A Signal
8. Welcome To The New Disaster
9. Ten Thousand Reasons
10. Catalina
11. I Don't Know Anything

18056777_1306259792763179_3837627556360868679_n_500.jpg

RIVERDOGS :
Rob Lamothe : Vocals, guitar
Vivian Campbell : Guitars, vocals
Nick Brophy : Bass, keys, vocals
Marc Danzeisen : Drums, vocals

Riverdogs "California" EPK (Official)



18010769_1305381442851014_4929613447876369916_n_500.jpg

www.riverdogsmusic.com
https://www.facebook.com/Riverdogs-167501139972389/

日本盤先行6/23リリース!!!
http://wardrecords.com/SHOP/GQCS90368.html



共通テーマ:音楽

LAY IT ON DOWN [Kenny Wayne Shepherd]

18342312_1793416214018383_4248297512094025775_n.jpg

LAY IT ON DOWN / Kenny Wayne Shepherd band

Tracklisting:
1. Baby Got Gone
2. Diamonds & Gold
3. Nothing But The Night
4. Lay It On Down
5. She's $$$
6. Hard Lesson Learned
7. Down For Love
8. How Low Can You Go
9. Louisiana Rain
10. Ride of Your Life
11. Lay it On Down (Acoustic)

PRESS RELEASE: LAY IT ON DOWN, the ninth album from five-time Grammy nominee and critically acclaimed guitarist Kenny Wayne Shepherd, is out July 21 on Provogue Records in Europe and August 4 on Concord Records in North America and the rest of the world. Recorded at Echophone Studios in Shepherd’s hometown of Shreveport, Louisiana and produced by Shepherd with Marshall Altman, the album was largely recorded live in the studio to analog tape.

Shepherd’s band on LAY IT ON DOWN features his long-time lead vocalist Noah Hunt, the rhythm section from Shepherd’s supergroup side project The RIDES, Chris Layton (drums) and Kevin McCormick (bass), and keyboardist Jimmy McGorman.

“I’m proud of the album we have delivered to the fans and I think they'll be excited by what they hear,” notes Shepherd. “The band we’ve assembled did a fantastic job bringing these songs to life and conveying the musical message to the listener. Now we are looking forward to bringing this new music to the live show to watch it develop even more.” Kenny further discusses the writing/recording process in the new album’s attached video trailer
The KWSBand will celebrate the album’s release with a U.S. tour that kicks off August 9 in Westbury, NY.

Share the news and help spread the word...

共通テーマ:音楽

Juniper Road [DISHWALLA]

IMG_2040.JPG

DISHWALLA のニューアルバム "Juniper Road" の CDが到着した。音源は先行でDLが出来て3/7から聴き続けているが、素晴らしいアルバムだと思う。DISHWALLA というバンド名を聞いてどれだけの人が知っているか分からないが、素晴らしバンドだと思う。今回は Voが変わって初めてのアルバムだが、紛れもない DISHWALLA のサウンドだと思う。ちょっとポップになった感はあるけど、それはそれで新しい Voの影響もあるのかもしれないが曲が良いから、ある意味新たな可能性が広がったようにも思う。1曲目の "Sirens" のダークな始まり方なんかは、3rdアルバムの1曲目の "Opaline" を彷彿させるが、曲が進むにつれて爽快なロックへと展開し聴いていて気持ちが良い。2曲目の "Give Me a Sign" も爽快なロックであっという間に曲が進み、5曲目の "Don't Fade Away" もポップなんだけど聴いていて気持ちが良い。後半は良い意味でダークな曲があり、9曲目の "Not Alone" なんかは新しい Voに合っているように思う。アルバムを締めくくる 11曲目の "Set Me Free" と 12曲目の "Waiting On You Love" の 2曲が、これがダークなんだけど良い曲で、アルバム全体の曲順が効果的に練られているように思う。

残念ながらバンドとは別の道を選択した J.R. Richards も追い続けているが、2009年には1stソロアルバム "A Beautiful End" をリリースし、タイトルトラックの "A Beautiful End" はピアノが印象的で DISHWALLA の曲といわれても全く違和感のない素晴らしい曲です。2015年の終わりには2ndアルバム "Honore et Amore" をリリースし、2016年初めには DISHWALLA の曲をセルフリメイクしたアルバム "Stripped" をリリースしています。個人的に DISHWALLA の 3rdアルバム "Opaline" は大好きなアルバムで、機会があれば是非聴いて欲しいアルバムの一枚です。

A Beautiful End / JR Richards


Candleburn / JR Richards (from the Album "Stripped")


Opaline

Opaline

  • DISHWALLA

https://www.dishwalla.com/

共通テーマ:音楽
前の7件 | -